ほったらかし料理の定番。圧力鍋を使った″手羽元酢”レシピをご紹介!

こんにちは、hirakoです。

仕事をしながら、朝晩のごはんの支度をするのって本当に大変です。

ちなみに我が家の場合は夫のサポートが一切なし。

夫は料理人で「帰宅は翌朝」「土日も仕事」という悪条件なので、

夫に子どもを預けて夕飯の支度をしたり・・・

土日に子どもを預けて、作り置きをまとめて作ったり・・・

というのがむずかしい状況なのです。

とにかく料理に対しては「時短!」「手間をかけない!」「でも美味しいやつ!」がモットーです。

 

そんな中、ほんとにほったらかしておくだけでOKなのに「美味しい」料理を今回ご紹介します。

圧力鍋を使うので、材料を切ったらあとは放置。しかも手羽元を使うので、お肉を切る必要もありません。

生姜を切るぐらいなのですが、本気でめんどくさいときは生姜チューブでもOK。

ワーママさんたちの忙しい毎日の救世主となる献立です!

 



これぞ、ほったらかし料理!手羽元酢レシピ


『手羽元酢』で用意するもの

  • 手羽元・・・8本
  • 酢・・・50CC
  • 砂糖・・・大さじ4
  • 酒・・・50CC
  • しょうゆ・・・50CC
  • しょうが・・・適量 ※チューブでもOKですが、生姜を使った方が美味
今回、甘酢には『便利で酢』という市販の調味料を使いました。めちゃ便利なので後程ご紹介します。

『手羽元酢』の作り方

1.圧力鍋に手羽元と調味料、皮ごと輪切りにしたしょうがを入れる。

 

2.圧力鍋に火をかけ、15分程圧力をかける。

3.火を止め自然放置。圧が下がるのを待つ。

 

4.圧が下がれば、蓋を開け、再度中火で煮込み、照りをつけて完成!※この工程は省いてもOK

 

5.完成!

※簡単すぎてすみません・・・

 

時短調味料『便利で酢』がおすすめです。

結婚して以来、ずーっと使っている『便利で酢」。名前の通り、ほんとに便利なんです。

いちいち砂糖と酢を混ぜないでいいので、ちょっとした時短です。

市販で売られているいろいろな甘酢を試しましたが、その中でもいちばん美味しいです。

酢の物や甘酢炒め、オリーブオイルやゴマ油と混ぜてドレッシング、酢飯、ピクルスなど、結構使い勝手が良いのです。

わたしは1リットルの大きめサイズを常に冷蔵庫の常備しています。

個人的にちょっと甘いので、少し酢を足して調整しています。

 

ほったらかし料理は、あえて忙しい朝に作ろう!

ほったらかし料理は忙しい朝にもってこいです。

朝に作っておけば、仕事終わりに温めるだけでOKなので(^^)

実際、わたしが仕事前の朝の忙しい時間帯にどのように「手羽元酢」を作ったのかをご紹介します。

 

晩ごはんの支度は朝に。朝の家事の流れは?


▼朝起きて、とりあえずいつもの家事を済ませる。

▼とにかく5分、時間を作り、材料を圧力鍋に入れて、火にかける

▼圧がかかる音が聞こえたら、弱火にしてタイマーをセット。他の用事をしておく

▼タイマーが鳴れば、火を止め放置。

▼終わり

※夏場なら冷まして冷蔵庫へ。冬ならそのまま放置して出勤します。


なんかいろいろ書きましたが、手がかかるのは「材料を切る、入れる」「圧がかかるまではちょっと気にする」だけ。

タイマーをセットしていれば時間を気にする必要もないし、他の用事をしている間に夕飯が完成します。

同じ方法でカレーなんかも出来ますよ。

ぜひ、圧力鍋を活用し、手間暇かけず美味しい料理を作ってみてください。

 




コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です