夫の帰りが遅いママ必見。時間がたっても硬くならない『豚肉のおろし煮』レシピ。

こんにちは、hirakoです。

このタイトルを見てブログを見てくださった方は、きっと旦那さんの仕事が帰りが遅いのだと思います。

ちなみにうちも夫の仕事が超多忙で、帰宅は翌日の早朝。

作った夕飯を食べるのは、翌日の昼なのです。

時間が経ったおかずやごはんって、やっぱり出来立てに比べて劣ります。

とくに、お安い豚小間で作ったおかずなんかは、時間が経てばたつほど硬い!

何とかできないかなーと色々試してみて、肉が硬くならない方法がわかりました。

その中で今回は「豚肉のおろし煮」をご紹介します。

(※ぼ作り方は同じですが、鶏肉バージョンもあります)

ぜひ、ごはんづくりの際の参考にして頂ければと思います!

こんな人に読んでもらいたい
  • 旦那の帰りが遅いけど、「美味しいものを食べてもらいたい」と思っている方
  • 安い肉がどうしても硬くなる!と悩んでいる方

 



夫の帰りが遅いママ必見。肉が硬くならない「豚肉のおろし煮」の作り方


【用意するもの】

  • 豚肉・・・200グラム
  • 酒・・・大さじ2
  • 塩・・・小さじ1
  • 片栗粉・・・適量(大さじ3くらい)
  • 大根おろし・・・5センチ
  • ポン酢・・・お好みで

①大根をすりおろします。

▼今回は、こちらの「大根おろし器」を使用。コンパクトで切れ味もいいのでおすすめです。

大根おろし器が古くなっている人はご参考に。


②豚肉を食べやすい大きさに切り、ポリ袋に豚肉と塩、酒を入れ、揉みこみます。


③20分以上おき、焼く直前に片栗粉をまぶします。

 ポイント
数回にわけて片栗粉をいれ、中身が出ないよう袋のあけぐちをぎゅっと持ち、上下に振るとまんべんなく粉がまぶせます。

④フライパンを温め、中火で豚肉を焼く。ある程度、火が通ったら大根おろしとポン酢を加えます。

 


⑤豚肉に火が通ったら完成です

帰りの遅い旦那の分は別の器にとりわけ、冷めたら冷蔵庫へ移しておきます 


【補足1】「豚肉のおろし煮」の盛り付け方

一つの器にのせてもいいですし、上記のようにワンプレーとにしてもOKです。

添え物として、上に小口切りのネギや柚子コショウ、細切りの紫蘇、細かくした塩昆布なども合います。

今回は面倒だったのでお気に入りの七味を振りかけました。

 

【補足2】ちなみに、この七味もおすすめです。

 

元々「一味」派だったのですが、会社の料理大好き、食べること大好きな人に勧められ、購入。

山椒やゴマなど自分好みに調節できるし、辛さも選べます。1袋だと送料がかかるので、友人や母に勧めまとめて購入しました。

何にでも合うし、普通のかけうどんがちょっとランクアップします。冷凍保存も効くし、小分けの袋も入っているので少しお値段は高いですが長く使えます。

 

帰りの遅い旦那に「豚肉のおろし煮」を食べてもらった感想

料理人の夫
うん、ほんまに硬くなってないわ

料理人である夫も満足してくれた様子。わたしも翌日に食べてみたのですが、ほんとに硬くありません。

安い豚小間が柔らかくなっただけで、お得感が増します。

ぜひ皆さんもお試しください!




コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です