父の日の言葉に使える、短い例文15個をご紹介します。

こんにちは、hirakoです。

6月21日は父の日です。

「母の日」と比べて、忘れ去られがちな「父の日」ですが、皆さんは毎年何かしていますか。

 



父の日には、「感謝の言葉」を添えてみませんか。

今年の父の日はプレゼントを用意しよう!と思っている方にぜひオススメなのが、

メッセージカードを添えること

です。

手のひらサイズの小さいカードで結構です。

hirako
100均にも可愛いカードがいくらでも売ってるよ!

カードを用意して、大切なお父さんにメッセージを書いてみてください。

 

とはいえ、

「なんて書いたらいいか分からない」

「いざ書くとなると、結構恥ずかしい」

という人もいるでしょう。

 

シンプルに

hirako
「お父さん、いつもありがとう」

でもOKですが、

hirako
「もうちょっとなんかないかなー」

という人のために、15個の例文を用意しました。

そのまま使うもよし、ちょっとアレンジしても良し。

よければ参考にしてみてください。

 

父の日の言葉に使える“短い”例文15個をご紹介。①~⑤

例文①「たまに作ってくれる**、何も言わずに食べてるけど、めちゃ美味しいと思ってます。また作ってね。いつもありがとう。」

 

例文②「家族のために一生懸命働いてくれてたから、わたしの今があるんだなーって最近わかってきた。いつもありがとう。」

 

例文③「お父さんの口ぐせ「〇〇」は昔から変わらないね。変わらないお父さん、ステキです。」

 

例文④「(自分の子どもの名前)が生まれて、やっとお父さんのすごさに気づきました。いつも見守ってくれて、ありがとう。」

 

例文⑤「わたしが自分らしくいられるのも、お父さんのおかげだよ。いつもありがとう。」

 

父の日の言葉に使える“短い”例文15個をご紹介。⑥~⑩

例文⑥「昔、お父さんに〇〇しちゃったこと、いつか謝りたいと思っていました。あのときはごめんね。そして、いつもありがとう。」

 

例文⑦「最近、お父さんに似てきたなと思うことがあります。ちょっと嬉しいです。これからもよろしく。」

 

例文⑧「(自分の子どもの名前)は、じいじが大好きです。わたしと一緒だ。これからもよろしく。」

 

例文⑨「お父さんが笑顔でいると、なんか安心します。これからも笑顔で楽しい毎日を過ごしてね。」

 

例文⑩「お母さんが大好きなお父さんが、わたしは大好きです。これからもお母さんと仲良しでね。いつもありがとう。」

 

父の日の言葉に使える“短い”例文15個をご紹介。⑪~⑮

例文⑪「「お父さんが大好き」なんて口に出して言えませんが、心の中では思っています。いつもありがとう。」

 

例文⑫「今度2人で飲みに行こう!これからもよろしく。」

 

例文⑬「白髪まじりの今のお父さんもかっこいいよ。いつもありがとう。」

 

例文⑭「面と向かっては言わないけど、お父さんは私にとって日本イチです。いつもありがとう。」

 

例文⑮「お父さんが最高に楽しく生きてくれたら、わたしも最高にうれしいです。長生きしてね。」

 

父の日の言葉、「感謝」が届く伝え方のポイントは?

「お父さん、いつもありがとう」とシンプルに伝えるだけでも、お父さんは喜ぶはずです。

さらに、「感謝の気持ち」が届く伝え方のポイントは1つだけ。

具体的な内容を入れることです。

 

「**作ってくれてありがとう」「お父さんと**に行ったことがとても楽しかったよ」など、あなただけにしか伝えられれない内容をメッセージに入れれば、よりグッとくるメッセージになります。

 

hirako
逆の立場で想像してみてください。

両親、自分の子ども、夫など、大切な人から手紙をもらった場合。


▼パターン1「いつもありがとう」

 

▼パターン2「いつも美味しいごはんを作ってくれてありがとう」

 

▼パターン3「あなたの作る卵焼きが大好きです。ありがとう」


どれがいちばん心に届きますか。

(卵焼きなんか、そんな作らんわ!という人は想像しづらくてごめんなさい)

 

言わずもがな、③ですよね。

「具体的に褒める」というのは、すごく嬉しいことなのです。

お父さんとの思い出を振り返り、ぜひ具体的な内容を入れてみてください。

 

父の日の言葉、今年は伝えてみよう!

お父さんに感謝の言葉を伝える機会って、よくよく考えてみればすごく少ないです。

「父の日」「父の誕生日」ぐらいです。

少ない機会のわりに、誕生日は「誕生日おめでとう」とお祝いするだけ。

父の日はプレゼントを渡し、口頭で「いつもありがとう」と言うだけ。

「お父さんへの感謝の気持ちを伝える機会」って実は、そんなにないんですよね。

hirako

そもそも、父の日にプレゼントを渡さない人もすごく多いです。

かくいうわたしも、父に感謝の気持ちを手紙で伝えたことはほぼありません。

でも、父も70歳。いい歳です。

この先、何回「ありがとう」を伝えられるのでしょうか。

言える時に言っておかないと、あとで後悔することになりかねません。

後悔する前に、今年の父の日は「感謝の気持ち」を伝えてみます!

 

「父の日の言葉を用意しよう」と思って、この記事を見てくださった方も、

父の日のことなんて考えてなかったけれど、たまたまこの記事を見てくださった方も、

この記事を見たのを“きっかけ”に、今年の父の日は、ぜひあなたらしいメッセージを送ってみてください!




コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です