1歳の誕生日プレゼントはどうする?子ども用の本格楽器おすすめ5選!

こんにちは、hirakoです。

先日、次女が1歳の誕生日を迎えました。

世界中が大変な状況の中、無事に1歳の誕生日を迎えられたことをとても幸せに感じています。

「1歳の誕生日」

というと、独断と偏見ながら、いちばんママが力を入れる誕生日と思っています。

なにしろ、愛する我が子の初めての誕生日ですから。

 

飾りつけやら写真やらと、いろいろと考えることが多いですが、中でも、かならず悩むのが「誕生日プレゼント」です。

 

わが家の場合、悩んだあげく、姉妹2人とも「子供用の楽器」をプレゼントしました。

おもちゃの電子音で鳴る楽器ではなく、本物に近い楽器を選びました。

実際、子供たちにプレゼントしてどうだったか?リアルな感想をお伝えしたいと思います。

「誕生日プレゼント何しよう?」「本格的な楽器もいいかな?」と考えているママたちの参考になれば幸いです。

 



1歳の誕生日プレゼント何する?楽器メーカーの「楽器」が根強い人気な理由。

1歳の誕生日プレゼントに「楽器」を候補として挙げる人は多いです。

昔から楽器のプレゼントが根強い人気なのは、

「小さい頃から楽器に触れることで、音感やリズム感が養われるから」

という理由が大きいです。

小さい頃から遊びの一環として楽器を鳴らすことで、自然と正確な音色やリズム感が身についていきやすいのがいいですよね。

 

1歳の誕生日プレゼントにおすすめしたい!子供用楽器5選。

hirako
1歳の誕生日におすすめの本物志向の楽器をご紹介します。

※画像をクリックすれば、アマゾンの価格も確認できます。

カワイのミニピアノ

長女の1歳の誕生日に、カワイのミニピアノを贈りました。

楽器メーカーのカワイが販売していることもあり、まさにピアノのミニ版です。

正確に調律された音程で、半永久的に音が狂うことはありません。

hirako
カワイのミニピアノを実際にプレゼントした正直な感想も以下にてご紹介しています!

 

カワイの木琴

カラフルな色合いが嬉しい、1オクターブの木琴です。

楽器メーカーならではの楽器玩具のため、ミニピアノと同様、正しい音色を奏でてくれます。

木琴にそれぞれに音階が描かれてあり、字が読めるようになってからは、音階を学ぶこともできます。

 

リズム・ポコ ドラムセット

こちらは次女の1歳の誕生日に贈りました。

長女の誕生日プレゼントでピアノがあったので、今回は「打楽器系」を選びました。

3つの太鼓に、シンバル、ウッドブロックを組み合わせた、子供サイズのドラムセットです。

太鼓に本革が使われている本格派で、シンバルやウッドブロックの音も素敵です。

シンバルを叩くバチがよく行方不明になるのが玉にキズですが、1歳の次女も3歳の長女も喜んで遊んでいます。

 

クレッセントベル RP-860

見た目が可愛く、子供が使わない時は部屋に飾ってオブジェとしても使えます。

音色もとてもきれいで、音量も大きすぎないのが嬉しいポイントです。

 

打楽器セット KUNGFU mall

5種類の打楽器がセットになっているのに、お値段はお手頃です。

子供が使いやすいサイズで、持ちやすい丸みをおびたデザインです。

 

【実録レビュー】1歳の誕生日プレゼントに楽器を選んだ感想!

長女には「カワイのミニピアノ」、次女には「リズムポコのドラムセット」をプレゼントしました。

hirako
実際、楽器をプレゼントして選んでどうだったか、正直な感想を述べます!

 

「カワイのミニピアノ」をプレゼントしてみて・・・

で1歳の誕生日にプレゼントしたときは、とても喜んでいました。

とはいえ、まだ1歳。

手先がまだまだ器用でないので、音階を楽しむことはできません。

最初はとりあえず鍵盤を叩いて音を楽しむ、という感じでした。

そして、一時は飽きて、ピアノは部屋の飾りとなりました。

2歳前後になり、ピアノという存在を認識し出すと、今度はピアノを弾きながら歌を歌うようになりました。

3歳になると、「ドレミ・・・」と音階を認識するようになり、一音一音、鍵盤を弾くようになってきました。

たまに、わたしがピアノを弾いて(一応、ピアノ経験者です)、童謡や流行りのパプリカなんかを一緒に歌っています。

 

正直、1歳の誕生日でカワイのピアノをプレゼントしても、一生懸命教えない限り、ピアノを弾けるようにはなりません。

でも、1歳のころから身近に楽器があったことで、「音色を楽しむ」ことは生活の中で自然と出来ていると思います。

 

何より、カワイのミニピアノの本格的で軽やかな音色は、耳ざわりがとても良いです。

子供だけでなく、わたしも大好きな楽器玩具です。

 

リズムポコドラムをプレゼントしてみて・・・

シンプルな色合いに、素朴な木の雰囲気がとても良いです。

ドラムセットは「太鼓」「シンバル」「ウッドブロック」の3種類の楽器があるのですが、1歳の子供には使い分けがむずかしいようです。

シンバルは備え付けのバチで叩くのですが、最初は太鼓でバチを何回も叩いてしまい、太鼓の革が割れないかヒヤヒヤものでした。

でも、何回か言うと、理解してくれました!我が子ながらすごい。

太鼓は取り外しができるので、3歳の長女は太鼓を取り外し、3つ並べ、歌を歌いながら叩いたりと、アレンジしつつ楽しんでいます。

 

1歳の誕生日プレゼントに本格派の楽器を贈る3つのメリット。

総評して、1歳の誕生日に楽器はおすすめです。

個人的には3つのメリットを感じました。

 

メリット1:長く愛用できる

楽器をすぐに使えずとも、身近にあることで少しずつ「楽器」の使い方を覚えていき、そのステージに合った使い方が出来る。

実際、カワイのミニピアノは3歳になった今でもまだまだ現役です。

 

メリット2:音色が良い

本格派の楽器は、電子音と比べ、音色がとてもきれいです。

楽器によっては音が大きいものもありますが、耳ざりがよいので、長く聴いていられます。

 

メリット3:リビングに飾れる

見た目がステキです。

わが家は狭くて、リビングに子供のおもちゃを置いているのですが、どーんと飾っていても、いい仕事をしてくれます。

 

さいごに:素敵な誕生日をお迎えください。

子供の誕生日を祝えるって、とても幸せなことです。

いろいろと準備に大変だとは思いますが、ぜひ、その大変さも楽しみや嬉しさに変えて、マイペースに頑張ってください。

1歳の誕生日について下記ブログにてもご紹介しております。

よければ、ご参考に!




コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

ABOUTこの記事をかいた人

アバター

天然パーマのhirakoが発信するワーママブログ。 ママ向けお役立ち情報や、ときには感情そのままを記事にしていきます。 読んでくださった方が「読んでよかった」と思える記事を、がモットーです。 イラストも自分で描いてます。