旦那は仕事ばかり!家族の時間がほしいと願うほど遠ざかる理由とは?

こんにちは、hirakoです。

わたしの夫は料理人で、基本的に休みは週1回。帰宅時間は早朝のため、休みの日も丸一日遊べることはなく、大体昼前から動き出す感じです。

家族のために、夫は寝る間も惜しんで仕事を頑張ってくれているので応援したい気持ちは山々。でも、ほんとに家族みんなで過ごす時間が少ない!

旅行にも行けないし、朝から一日中遊ぶことさえも難しい・・・

その状況に落ち込んだり、悲しくなることが多々あります。

でも気づいたのです。「家族の時間がたくさんほしい」と願っていることはあまり得策ではないな、と。

もっと良い考え方を発見しましたので、今回はご紹介したいと思います。

こんな人に読んでもらいたい
  • 旦那の仕事が忙しすぎて「家族の時間」が少ないことに悩んでいる
  • ほかの家族と比べて、子どもがパパと過ごせていないことに落ち込む
  • 仕事で一生懸命頑張っている夫を応援したいけど、心から応援できない

 



旦那は仕事ばかり!いちばんの悩みは?

「家族の時間が少ない」という悩み。夫と二人のときはさほど気にならなかったのですが、子どもが生まれてからは「家族の時間が少ない問題」は膨れ上がるばかりです。

ほかのママ友から「旅行に行ったー」「遊びに行ったー」「一緒に買い物に行ったー」という何気ない話も心穏やかに聞けません。

いいなーうらやましーと、悲しくなってしまうことが多かったのです。

旦那は仕事ばかりだけど悩むのはイヤ。実際やってみた解決策は?

夫は昔から飲食業界で仕事をしていたため、“仕事が忙しい”“休みが少ない”のは普通のこと。

一方、わたしは土日祝休みの一般企業育ちのため、夫の仕事は激務でしかない。

お互いの溝を埋めようと、というか、私寄りの考えになってもらおうといろいろと策を講じてみました。

「家族の時間を増やす」ためにやってみた3つのコト

  1. 夫婦で話し合い、いつまでに何をしたいという目標を立て、見える所に貼っておく。
  2. 夫に「休みの日の過ごし方」のアンケートを取り、夫が休みをもっと増やしたい!と思えるよう仕向ける
  3. 直球勝負。とにかく「家族でもっと過ごしたい」と面と向かって言う。LINEで長々と訴える。

これまで言い続けてきたので、夫はわたしがどれだけ家族の時間が欲しいか、伝わっているとは思います。

 

「家族の時間」は、そう簡単に増やせるものではない。

ここ3~4年、時には涙をし、時には怒りをぶちまけ、時には理詰めで・・・「家族の時間を増やそう」と努力しました。

でも、どんなに「家族の時間がほしい」と願っても、現状、全然家族の時間が増えていません。

元々忙しかった夫ですが、店を移り、さらに休みが減り、今結構ピークなんです。

 

そこで、ふと気づいたんです。

「誰よりも『家族の時間が欲しい』って言っているのに、遠ざかってるやん?」と。

どれだけ願っても、何とか改善しよう色々動いても、「家族の時間を増やすこと」は我が家にとってはとてもハードルが高いのです。

家族の時間を増やす=夫の仕事が忙しくなくなる(落ち着く)こと、です。

現在のお店の状況を考えると、まだまだ先が長い。

これが現実なんだ、簡単な問題じゃないんだと、やっと腹に落ちてきました。

 

旦那は仕事ばかりで辛い。今すぐにできる解消法は?

そもそも「家族の時間が少ない」という悩みは、どこから来ているのでしょうか。

これまで「家族の時間が少ない」と悩みに悩みまくってきましたが、結局これって、“ほかの家庭と比べて少ない”ってことです。

もし、同じ状況の家庭が全体の80%ぐらい占めてたらここまで悩みません。

周りと比べてしまうからこそ、差を感じ、今の状況を悲観してしまうのです。

 

「家族の時間が少ない」と悩むこと自体が損してる

「家族の時間が少ない」という悩みは、今すぐにどうこうできるものではありません

それなのに「家族の時間が少ない、どうにかしてほしい」=「今の状況は不満足なんだー」と言っているのです。

家族の時間が増えるまで、頑張っている“今”を悲観し続けたいでしょうか。

 

パパと過ごす時間は少ないかもしれませんが、少しはあるはずです。

その貴重な時間を「パパと過ごせるのは、これっぽっちしかない」とマイナスの目で捉えてしまってはいないでしょうか。

ぜんぜん楽しくないですよね。こんな考えの親、子どももイヤです。

 

家庭へのマイナス感情は、夫のモチベーションをとことん下げる

「家族の時間がない」と不満ばかり言っていると、仕事を頑張っている夫もどんどんモチベーションが下がります。

家庭が居心地のわるい存在になれば、夫は「家族の時間を増やしたい」とも思わない。

「家族のために頑張って働くぞ」「キャリアアップして時間とお金を作るぞ」とも思わなくなってしまいます。

 

今を見つめ直すと好転する。【私の過去彼氏事情】

いきなり、私の過去の彼氏事情です。

わたし、学生時代、友だちはすごく多かったのですが、まったくと言っていいほど、彼氏が出来なかったのです。みーんな男友達になってしまうタイプでした。

でも結婚したかったし、子供がほしかった。だから合コンもたくさん行ったし、友だちに色々な人を紹介してもらったりもしました。

でも、全然縁がありませんでした。

20代後半になっても芽が出ず、考え方を変えました。

「出会いを求めるのは一旦やめよう」「今の自分をもっと大事にして、自分が好きだと思えることをしよう」と。

「出会いがない」と焦ってばかりいる自分は魅力的ではない。

もし良い人と出会ってもきっと私を選ぶことはないだろうなー。

と思ったのです。

 

出会いを求めるための飲み会に参加するのは辞め、自分が好きなことをして、生活を整えるようにしました。

欲を封印して今を大事にし、穏やかな心持ちでいるよう心掛けたのです。

 

嘘みたいな話ですが、その数か月後、良い縁に恵まれ、結婚することができました。

  • 欲を出さない
  • 本当の自分を大切にする(今を大切にする)

ということが、とても大事だと言うことを学びました。

 

すぐに変えられない現実もある。気長に未来を見据え、今を楽しもう。

同じように、「家族の時間がたくさんほしい」という悩みも、すぐにどうこうできないのであれば、切実に願わない。思いつめない。落ち込まない。

夫婦で「家族の時間をたくさん持てるようにがんばる」という目標を共有しつつ、今はすぐに結果を求めず、同じ方向を目指し、“今を楽しむ”ことが大切です。

家族で一緒にいられる少しの時間でも大切にする。

家族でいられる幸せに感謝しつつ、その時間を心から楽しむ。

なるべく穏やかな心持で、毎日を真面目に生きていればきっと良い未来が待っているのではと思っています。

 

まとめ

もし将来、家族の時間がたくさん持てて昔を振り返ったとき、

「あの時は忙しすぎて家族の時間が全然持てなかったなー・・・」と過去を嘆きたくはありません。

「今も時間があって楽しいけど、あのときも時間が少ない中みんなで楽しめたよなー」と言いたい。

 

どんな状況でも楽しめるマインドを持てば、それはそれで自分の糧になるはず。

「欲を出さない」「今を大切に楽しむ」

この2つの言葉を胸に刻み、これからもいろいろと励んでいきたいと思います。

 




コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

ABOUTこの記事をかいた人

アバター

天然パーマのhirakoが発信するワーママブログ。 ママ向けお役立ち情報や、ときには感情そのままを記事にしていきます。 読んでくださった方が「読んでよかった」と思える記事を、がモットーです。 イラストも自分で描いてます。